Kids’ISO14000プログラムの3つのメリット

Kids'ISO14000プログラムの3つのメリット マネジメントスキル 国際ネットワーク 国際認定

マネジメントスキルが身につきます。

21世紀は、「自然環境」・「社会環境」・「人間環境」といった様々な環境の変化の時代といわれています。

地球温暖化による気候変動に代表される自然環境の変化、人口の減少や社会保障、年金問題などの社会環境、家族構成の変化などの人間環境など様々な環境の変化に時代に次世代を担う子ども達にどのような具体的な教育やスキルが必要か、重要な問題となってきました。

今までのように時代の変化が穏やかな時は、既にある過去の経験や知識を集めて効率よく学んでいけば、たとえ時代の変化があったとしても、その変化に即応して生きていく事ができます。

しかし、今までになかった現象が次々とおこってきている現代においては、過去の経験や知識だけでは、不十分になってしまいました。

Kids’ ISO 14000プログラムは「先が見えない時代の教育・スキル」を提案します。

本プログラムでは、

  1. 子どもの周りの環境に対する「気づき」「感性」を引出して評価し、子どもに確信を持たせます。
  2. 確信を持った子ども達に、具体的にどのように問題を解決してゆくのかという「科学的方法論」であるPDCAサイクルを教えます。またその結果に対しては国際的にステータスの高い国際認定証を授与します。
  3. 問題解決能力があり、また同じ目標を持った子ども達のネットワークに参加する事によって、より大きな成果を出す事ができるようになります。

以上のようにどのように問題を解決するのかという「方法論」をマスターするという事はどのような時代にもどのような問題にも応用をする事ができます。

グローバルネットワークに参加

初級編の認定を受け、問題解決能力があると判断された段階から国際的なネットワークに参加をする事が可能となります。特に上級編を実施する時にはカウンターパートをネットワークを通して見つける事もできます。

キッズ洞爺湖サミット

また、本プロジェクトでは、初級編の認定を受けた段階からエコキッズ国際会議に参加する事ができます。

2008年6月19日-21日 洞爺湖サミット開催を記念して、国際環境会議「キッズ洞爺湖サミット」を開催しました。東京、北海道、アメリカ、クウェート国の子ども達が活発な意見交換を行い、世界の首脳に向けて具体的な提言をしました。
(右写真はキッズ洞爺湖サミットの様子)

2013年11月 第2回エコキッズ国際会議をニューヨークとアルゼンチンで開催
2014年10月 第3回エコキッズ国際会議をニューヨークとアルゼンチンで開催
2016年10月 第4回エコキッズ国際会議を企画中
地球温暖化の加害国と被害国の子ども達同士の会議を計画
>CO2削減、ツバルの子ども達へ
子ども達の共通言語としての「絵画」「ポスター」の交換ををおこなっています。

ポスター交換の様子 ポスター交換の様子

国際的に評価・認定されます

自分の身の回りの環境について解決策を提案し、論理的に問題を改善する能力を持っているという事を個人として国際的に認定されます。ですからこの認定証は世界のどこでも通用するものです。認定が個人の資格となり、進学や就職、プロジェクト運営と、認定された子ども達の将来に繋がるものです。
>国際認定

PAGE TOP