地方自治体での取り組み

地方自治体ー国際芸術技術協力機構(ArTech)ー企業の3者間の連携

地方自治体で取り組むメリットは、

  • 返却率が高いことからエコに対して熱心な家庭のみの実施ではなく、平均的な家庭での実施が可能
  • 子どもが取ったデータの中から専門のインストラクターによって確実な数値だけを削減効果としてデータの集計を行うので、削減量が明確で確実である
    >CO2削減
  • 実施のためのツールが揃っており、教師の負担が少ない
    >学校での参加

以上のことから多くの自治体が温暖化効果ガス削減のための有力なツールとしてプログラムの実施を考えています。

そこで、資金面で企業のCSRと良い形で連携ができれば、地方自治体ーNPO(NGO)ー企業との連携の良いモデルとなるばかりでなく、企業にとってもCSRを推進してゆく為のよい「場の提供」となります。さらに企業のISO 14001活動の1つにもなる事からよい相乗効果が期待されます。

都道府県での実施例(企業と協働)

区市町村での実施例(自治体で予算化)

PAGE TOP