キッズISO14000プログラムとは

『子ども達が主体的に21世紀を作っていけるように』という目的で、国際芸術技術協力機構(ArTech)が2000年に開発し、国際連合大学(UNU)、国連環境計画(UNEP)、ユネスコ(UNESCO)や国際標準化機構(ISO)などの国際機関と協力し、国内および国際的に展開している環境をテーマとしたマネジメント教育プログラムです。

環境マネジメントの国際規格であるISO14001の骨子をベースにプログラムが構築されており、成長段階にある子どもが本来持っている環境に対する潜在的な感性を引き出し、子ども達に自分の周りにある様々な問題に対して改善・解決能力を育成することを目的としています。

国際標準化機構(ISO)が唯一「ISO」という文言・ロゴの使用を許可した成長段階の子どもの為の環境教育プログラムです。
>ISOとの連携

ISO FOCUS

Kids’ ISO 14000プログラムの目的・ミッション

Kids’ ISO 14000プログラムは、より良い社会を世界全体でつくる為のプログラムです。世の中にある問題を自分でも改善できる問題としてとらえ、実際に解決策を提言し、周りを巻き込みながら行動できる人材を育成することがミッションです。

Kids’ ISO 14000プログラムソリューション

Kids’ ISO 14000プログラムは、アイデンティティに目覚める成長段階の子ども達に、社会問題を自分自身の問題として考え行動し、結果を出すというプロジェクトを経験してもらうプログラムです。

また子ども達が行動した成果に対して、専門のインストラクターや国際委員会が評価・認定をする事によって子ども達の考えや行動により強い確信を与えるプログラムです。
>国際認定

Kids’ ISO 14000プログラムを通して、子ども達は

  1. 問題に直面した時、また何か目標を持った時に、その解決や目標達成の為に「自分でもできる!」という成功体験を持つことができます。
  2. 問題解決能力を持った自立した子ども達のネットワークに参加する事ができます。
  3. 社会の為に行動する喜びを感じる事ができます。

Kids’ ISO 14000プログラムを学んだ子ども達はそれぞれの分野に進んで行きますが、プログラムで体得した方法論は社会で活躍する時にも、また家庭を営む時にも、さまざまな問題に対して考え、協力し、よりよい社会をつくっていってくれるでしょう。

国際芸術技術協力機構(ArTech)について

創設者

海外での正式名称はArTech(International Art and Technology Cooperation Organization)です。これは「Art」と「Technology」とを融合させた造語です。
20世紀にテクノロジーのみが発達し、環境問題など様々な弊害がでてきた事を考え、21世紀に向けて文化(Art)と文明(Technology)のバランス、そして先進国と発展途上国のバランスといった2つのバランスを取りながら様々なプロジェクトを考えるという目的で1999年に設立し、2000年に東京都に登録したNPO法人です。

活動内容としては、人にやさしい技術開発を行う目的で、「プラズマハイテクセンター」、「バイオセンター」、それにハイテクによる新しいアートを創造するという目的で「アートセンター」、そして本部直属のプロジェクトとして「キッズプロジェクト」の4つの柱でプロジェクトを推進しておりますが、キッズプロジェクトのメインになっているのが「Kids’ ISO 14000プログラム」です。

>ArTechについて

2010年には国連ECOSOC(経済社会理事会)のconsulltative statusとして正式に認定されました。認定されたことにより国連との間で相互利益的な作業関係を構築する事ができるようになり、「Kids’ ISO 14000プログラム」の成果をベースに様々な形で国連の活動に提言をする事が可能となりました。

また2013年からはニューヨークにArTech International を設立し、海外での活動の拠点にしています。

国連機関・国際標準化機構(ISO)との連携について

国際連合大学との連携

国連大学

国連大学はウ・タント元国連事務総長の構想に基づき、いくつかの経緯を経て、国連本部とユネスコの共同支援を受ける国連総会傘下の独立機関として誕生し、1975年に東京を本部として活動を始めた機関です。

国連大学本部の活動は「環境と持続可能な開発」と「平和とガバナンス」の2領域に分かれており、「Kids’ ISO 14000プログラム」は2000年にプログラムがスタートした時から2010年5月まで「環境と持続可能な開発」分野の1つのプロジェクトとして国連大学と「共催」でプログラムを推進してきました。

2010年6月からは国連大学が大学機能をより充実させる為に「UNハウス・国連大学本部」から「国連大学本部」となった為に「後援」として本プロジェクトをサポートしています。

国際委員会の委員長は2001年から2010年までは近藤次郎氏でしたが、2011年からはHans van Ginkel 氏(前国際連合大学学長、現ユトレヒト大学名誉教授)が委員長となりました。

国連環境計画(UNEP)との連携

UNEP

国連環境計画の本部はアフリカのナイロビにあり、日本では大阪に国連環境計画技術センターがあります。第1回国際認定証授与式からKids’ ISO 14000プログラムを支援しており、国際認定証へのロゴの提供、国際認定証授与式でのプレゼンターなど、共催という事で支援をしています。

今後のアフリカでの展開や関西で国際認定証授与式を行う時には中心的存在となる国連機関です。

ユネスコ(UNESCO)との連携

ユネスコとの連携

国連ー持続可能な開発の為の教育の10年(UN-DESD)の1つのプログラムとしてユネスコと共催で毎年パリのユネスコで国際セミナーを開催しています。
(右写真は国際セミナーの様子)
>国際セミナー

国連の持続可能な開発の為の教育の10年(UN-DESD)とは
国連は2002年のヨハネスブルク会議に基づき、2005年から2014年まで、国連持続可能な開発の為の教育の10年計画を推進しています。内容は環境教育を中心として、人権や女性問題など環境に付帯するテーマも取り上げ、総合的に検討をすすめています。

その中でKids’ ISO 14000プログラムは環境教育を実践する上での強力なツールとしてユネスコから認められ、2004年から毎年国際セミナーをユネスコ(パリ)共催で開催しています。
>国際会議

国際標準化機構(ISO)との連携

ISO作成のパンフレット

国際標準化機構(ISO)とは2002年10月に「Kids’ISO 14000プログラムの目的」がスイス、ジュネーブの中央事務局に認められ、「ISO」文言・ロゴの使用が許可されました。また2003年10月の協力協定の締結では、ISOが積極的にKids’ ISO 14000を世界各国にプロモーションする事が約束され、国際標準化機構(ISO)中央事務局がパンフレットを作成し世界中に広報活動を行っています。
(右写真はISO本部作成パンフレット)

ウェブサイトはこちら

「ISO]の文言やロゴは、国際標準化機構(中央事務局:スイス、ジュネーブ)の知的財産ですので詳細はISOのホームページをご覧ください。

国際芸術技術協力機構(ArTech)はプログラムの目的が認められ特別にISO文言やロゴの使用が許可をされています。

企業の社会的責任(CSR)として国際標準化機構ではISO26000でガイドラインを策定しましたが、「Kids’ISO 14000プログラム」が企業の社会的責任(CSR)の活動として成果が「見える化」できる事から日本ではCSRの一環として実施企業が増えています。
>法人での取り組み

PAGE TOP